[子供向けイベント告知]玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」~海から流れ寄るモノで漂流物アートをつくろう~

はやのん理系漫画制作室は「一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会」の広報を担当しております…!というわけでお知らせです。

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会
https://www.bc-robop.org/


2020年3月14日(土)、15日(日)に、福岡県宗像市で、ビーチクリーンロボットと子供たちのイベントを開催します。

2020年3月14日(土) 福岡県立少年自然の家「玄海の家」
2020年3月15日(日) 大島かんす海水浴場(別途希望者 沖津宮遥拝所)


海ゴミって何だ?

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会提供写真「海ゴミ」例…

ペットボトルが目立ちますが、プラスチック片のほか、木などの自然物や、名前のつかない何かのカタマリなど、さまざまなものが大量に海岸に押し寄せてきます。これをボランティアの手で片づけるわけですが、ものすごい量を運ぶのが大変…。そこで、「重たいゴミ運搬部分だけでも、手伝ってくれるロボットがいたらいいな」という考えで、開発されているのが、このプロジェクトのビーチクリーンロボットです。

ビーチクリーンロボットの、プロジェクト

「一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会」は九州大学の海ゴミ研究者+九州工業大学のロボット研究者+福岡県宗像市の市民団体「宗像の環境を考える会」による海岸清掃開発プロジェクトです。

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会
https://www.bc-robop.org/


かわいいビーチクリーンロボットくん見てください!

九州工業大学のビーチクリーンロボット開発チームです!
かわいくて頼もしいロボットくん…後ろの青いカゴに、みんなが集めたゴミを載せて運んでくれます。
ワイワイと楽しい市民の清掃活動にロボットも自然に混ざって溶け込んでいますよ。

イベントについて詳細・申し込み

[子供向けイベント告知]玄海の家・大島「ビーチクリーンロボット一緒に楽しい海岸清掃をしよう」~海から流れ寄るモノで漂流物アートをつくろう~ https://www.bc-robop.org/2020/01/22/bc-2020-03-14-satsukimatsubara/

[アプリ紹介]Organic Chemistry 有機化学 基本の反応機構

『Organic Chemistry 有機化学 基本の反応機構』という、大学で学ぶ有機化学の基本的な反応を学習できるスマホアプリを自主制作した…というニュースを見て、いいなぁ~と思っておりましたら、制作者の松島芳隆先生(東京農業大学教授)からアプリをいただいてしまいましたので、御礼まんがをお描きしました。宣伝宣伝!(ステマじゃないの?と言われぬよう、この辺明記するようにしています。ご承知ください)

どんなアプリ?

その名の通り、大学1~2年で学ぶような有機化学の基礎的な反応機構について、順を追って動きがわかるようになっているものです。

教科書だとガッチリ印刷されていて動かないんですが(当たり前ですね)、アプリではこれが、こうなって…と順々に表示されます。ちょっとどうなってるのかわからなかった…というところも、「気兼ねなく何度も見直すことができる」ので、これはアプリらしい利点だなと思いました。

大学の授業で見せてもらえそうなスライド…みたいな見た目の…かなりシンプルな画面なのですが、よく整理されていて見やすいです。

紹介ページに「もくじ」のような形で、収録されている反応の一覧がありますので、それを見て、見たいものがあったら購入してください。


iOS版アプリ(610円)
https://apps.apple.com/jp/app/有機化学-基本の反応機構-organic-chemistry/id1175675932

android版アプリ(600円)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.matsushima.organicchemistry


ニュースサイトで紹介されている記事もあるので、いろいろ、見て、検討して買ってくださいね~。
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2001/20/news080.html

今回、広告とかじゃなくって…大学の先生がアプリ自主制作した!っていうのがすごいな…と思ったのでこれを書きました。松島先生ありがとうございます!

その後…(追記)

教育アプリ部門1位!おお~すごい

さらにその後…

えっ。

[書籍紹介]『正しく書いて読むための 英文法用語事典』

理論言語学研究者ハタケヤマ先生を描きました。

2013年-2015年の約2年間、理系漫画家はやのんは、千葉大学大学院教育学研究科にて英語教育学を学ぶ修士課程学生をやっていました。その頃、いろいろないきさつがあり、「理系向けの英語教育について、考えたい」と思って、受験をして、大学院進学、そして学生になっていたわけです。いや他人の心配じゃなくて自分の英語心配しなさい、と、今の私だったらツッコミを入れますが……。しかし、当時のそんな興味や思い込みによる突っ走りのおかげで、英語教育分野のことを知る機会が得られたので、良かったな、と思っているわけです。

英語教育分野のおもしろさについてはたくさん語りたいことがありますが、その時期に知り合うことができて、一番おもしろいと思って、現在でもお付き合いいただいているのが、「理論言語学者、ハタケヤマ先生」です。東京農工大学の先生で、理工系の大学で、理論言語学を専門にしていて、学生向けの教育もされている…ということで、理系漫画家であるはやのんにとっては、文系っぽい英語教育分野の中でも、何か近い側の人!?という印象を持っていました。「理論言語学」という分野があると知ったのも、かなり、驚きました。文法について、構造的な解析などをして、ミチミチ、ネチネチやる感じの研究です。英語=文系の学問、と思っていたわけですが、情報、工学的な研究のやりかたもあるのか…!と、大変な驚きを感じました。いや、詳しい研究の話は、全部知っているわけじゃないんですけど…。今度改めて聴いてみたいと思います。

ハタケヤマ先生は単著、共著、訳書、編著書…とたくさんの著書がある売れっ子作家なのですが、昨年9月に、『正しく書いて読むための英文法用語事典』が朝倉書店から出版されました。

この本の内容が短いツイートで紹介されていて、この本読んでみたいな~!と思っていました。いい感じのが、たくさんあったんですけど選びきれなかったです。まとめにいっぱい載ってるので見てください。:
https://twitter.com/i/events/1163352743223758848

これを見て、おもしろそう~買います~と言っていたら、先生と朝倉書店さんからお送りいただいてしまいました。それで、今回「御礼まんが絵」とこの紹介ブログを書いているところです。

読みたくなった人はぜひ一冊…!
Amazonで購入

ハタケヤマ先生元ネタ・はやのんまんがで、本つくりたーい。夢膨らむ…。

Japanese Science Cartoonist Hayanon Visits Goddard(2012)

2012年にNASA’s Goddard Space Flight Centerを訪問した際、Katrina Jacksonさんという方がはやのんを取材してインタビュー記事にしてくださったものがあるので、ここに掲載しておきます。

Japanese Science Cartoonist Hayanon Visits Goddard06.28.12  Goddard scientists work with many cool things on a daily basis, but few get the chance to be drawn into comic book characters. On June 14 and 15, Japanese science cartoonist Hayanon visited NASA Goddard to interview earth scientists for new comic strips. Hayanon is a mangaka – a master of Japanese comics called manga – and she holds a bachelor’s in physics. She writes and illustrates comic strips about science topics such as auroras, global warming, and cosmic rays. These comics are mainly aimed toward children and non-scientists, though she has written for many audiences.
(Article by Katrina Jackson)
…..

https://www.nasa.gov/topics/people/features/hayanon.html

結構長い記事が掲載されているので元のページをご覧ください。
https://www.nasa.gov/topics/people/features/hayanon.html

その後このGoddard Space Flight Centerからは地球科学に関する漫画冊子を3冊出版してもらうことができました。

詳しくは下記のページをご覧ください。
https://www.sciencemanga.jp/manga/
手続き不要、無料ダウンロードのご案内もあります。

↑はやのんが現在仕事で使っているWACOMペンタブレットです。かなり安くてしっかり使えます。

振り返り2019年11月-iCeMSキャラバン漫画冊子

京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS:アイセムス)の研究者が全国の高校を訪れる「出前授業」プログラム「iCeMSキャラバン」の漫画冊子を制作しました。2020年にインターネットでも公開する予定です。16ページで、このプロジェクトを紹介するという内容の漫画冊子で、これが、はやのんの、2019年で一番大きな仕事でした。

iCeMSキャラバンは京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS:アイセムス)の研究者が全国の高校を訪れる「出前授業」プログラムです。
1日のアクティビティ、授業を通して、化学、生物学、物理学などの分野を超えた学際研究に取り組むiCeMSの研究者が、どのように、それぞれの専門分野の視点からものごとを見て・考えて・研究に取り組むのか?を知ることができます。

理系漫画家はやのんも、このiCeMSキャラバンに加えてもらいました!漫画家としてずっと独りの仕事をしてきましたが、「メンバーになってよ!」と言ってもらえて嬉しかったです。研究、教育、自分の興味のあることに積極的に取り組む仲間たちから、元気をもらっています。
https://icemscaravan.com/who-we-are/はやのん/

キャラバンについての詳しい情報は、下記のページをご覧ください。

 iCeMSキャラバン“学びのカラクリ”
https://www.icems.kyoto-u.ac.jp/ja/education/caravan/

iCeMS Caravan
https://furukawa.icems.kyoto-u.ac.jp/education/icems-caravan/

iCeMS Caravan
https://icemscaravan.com/

オギノシエさんからミルボ絵

いい肉の日、2019年11月29日に、いらすとらいたーオギノシエさんからこんなにかわいい絵をいただきました!!

びっくりしました!はやのんの代表作『GoGo!ミルボ』のキャラクター、ミルボともるちゃん、そしてはやのん、これを描いてくださったオギノシエさんの絵です。
嬉しかったので、仕事場に飾りたいと思い、すぐに、額を買いに行きました。

オギノシエさんは小学生、中学生の頃、『GoGo!ミルボ』の雑誌連載を読んでくださっていたそうです。そして現在はイラストレーター、ライターのお仕事をなさっているとか…!はやのんが若い頃一生懸命描いていたレポート漫画を好きになってくれて、そしてご自身も取材レポートをお仕事に…。そんな人がいてくれたとは…!と、驚きと嬉しさでいっぱいになりました。

はやのんが『GoGo!ミルボ』を描いていたのは2000年~2012年頃なので、約20年くらい前からの話になりますが、当時は若かったため、絵も漫画も下手だったし、各種能力面で未熟であったり、人との関係でうまくやれなかったことが多かったです。そういう時期に、それでも作品だけは毎号毎号がんばって描いていました。しんどい思いをしていたことも多かったわけですが、こうして、読んでいてくれて、好きになってくれて、人生の進路が変わったとまで言ってくれる人がいるって、漫画の仕事は、こういうところがありがたく、すごいものだなと改めて感じました。ずっと後になって誰かの思いを知ることになったり…。その時、だけではわからないものがあります。

それから、もうひとつ書いておきたいと思ったのは、以前、はやのんは、人の目に触れるところに出るのが好きではなく、できるだけ発言等をしないようにしていました。ここ数年いろいろと考えるところがあり、最近になって、Twitterでたくさん交流が持てるようにと発言を増やしていました。そして、もうひとがんばりしようと、ごく最近このブログを始めたりもしていました。そういう流れがあってオギノシエさんと知り合うことができたので、やっぱり、動くのって大事なんだなと思いました。

もっと行動を増やす。
人と知り合い、話す。
たくさん漫画を描く。

今後改めてこの辺りを意識していきたいと思いました。
オギノシエさん、ありがとうございます!!

オギノシエさんのTwitterではお仕事の新作情報などのお知らせがあり、かわいい絵や漫画を見ることができます。みなさんも元気をもらってください。

しーちゃん(オギノシエ)|いらすとらいたー
https://twitter.com/c_gotta2

ミルボともるちゃんの漫画は、10年間くらい雑誌連載をしていたので作品はたくさんあるのですが、単行本になっていません。インターネットで読めるものが少し、ここにあります。
https://www.sciencemanga.jp/manga/