[プレスリリース]「平成30年7⽉豪⾬時の積乱雲群の発⽣機構を解明」京都大学防災研究所、竹見哲也准教授

2019年9月19日に公開された京都大学防災研究所、竹見哲也准教授らの研究成果『平成30年7⽉豪⾬時の積乱雲群の発⽣機構を解明』プレスリリースに、はやのん理系漫画制作室より解説図を提供しました。

京都大学防災研究所プレス発表資料
https://www.kyoto-u.ac.jp/sites/default/files/embed/jaresearchresearch_results2019documents190919_101.pdf

「国際化学オリンピック日本大会」応援イラスト制作

2021年、日本で国際化学オリンピックが開催されます。大会に向け、はやのん理系漫画制作室より「OMoTeNaSi」ボードを掲げる高校生の絵を提供し、高校生を応援しています!イラストは2019年7月12日にオープンした大会公式サイトに掲載されています。

国際化学オリンピックの日本大会の公式ウェブサイトはこちらです。
https://www.icho2021.org/

「川ごみ」クリーン活動応援イラスト制作

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会(清野聡子理事長)とイラストレーター「オギノシエ」「はやのん理系漫画制作室」によるコラボレーションイラストができました!

「川にあるごみ」「川ごみ」は、日頃よく目にするようには思っても、なかなか、それがどういう物なのか、じっくりと考えることがないように思います。「あるなあ」「どうにかならないの?」と思っても、そのうち忘れてしまったり…。

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会は、「海のごみ」「川のごみ」などの問題に、「市民による清掃活動」と「ビーチクリーンロボット製作」で取り組む研究-市民活動団体です。

イラストレーター「オギノシエ」と「はやのん理系漫画制作室」による作画で、「川にはこんなごみがある」「こういう活動をするといいんじゃないか」というイメージが持てるような絵を制作しました。

「どんな場所に、どんなごみがあるんだろう」
「私の町も、こんな感じなのかな」
と、考えるきっかけになればと思います。

※川にあるごみ、海にあるごみは、自分で取ろうとすると危ない場所もあります。特にお子さんやお年寄りはくれぐれも注意してください。ひとりひとりが関心を持ち行動するのは大事ですが、自分ひとりできれいにするのはどうせい限界があります。自治体や団体等による清掃活動ができないか、考えてみてください。

一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会 ホームページ
https://www.bc-robop.org

オギノシエ Twitter
https://twitter.com/c_gotta2

はやのん理系漫画制作室 公式ウェブサイト
https://www.sciencemanga.jp