[著者コメント漫画]理系漫画家になるには(7)-2005年世界物理年 World Year of Physics 2005

(ここまでの記事)
理系漫画家になるには(1)-はじめまして!理系の漫画家です!
理系漫画家になるには(2)-石垣島でファミコンに出会い、高校で物理に出会うまで
理系漫画家になるには(3)-文系女子高生、物理学科を受験!?
理系漫画家になるには(4)-10社中5社から仕事が来た出版社持ち込みツアー
理系漫画家になるには(5)-GoGo!ミルボ初登場
理系漫画家になるには(6)-ゲーム業界昔話

このシリーズは2011年に描いた自己紹介漫画『理系漫画家になるには』をキリヌキで数話に分割して、ブログで無料公開するものです。このタイトルの通り、理系の漫画家になりたい人がいたら、何かの参考にしていただければと思います。


はやのん…1999年にゲーム雑誌デビュー、その後、現在は大学の研究を漫画にする「理系漫画家」「研究広報」を仕事にしています。
理系漫画家はやのんプロフィールのページ
Twitterにも略歴あります!


前回は1999-2004年あたりにメインの活動分野としていたゲーム雑誌、ゲーム業界の昔話をしていました。予算が大きくて出版もまだ活発だったので景気のいい話が多かったです。20代をそういう辺りで過ごして、出版社や編集者、周囲の人々のおかげで楽しい仕事をたくさんすることができた…という話でした。何度も御礼を言いたいところです。ありがとうございました。活動が派手な分消耗も激しい業界で、多くの友人が若くして業界を去りましたが、自分もその一人になってしまいました。というわけで今回は2005年の話です。


科学技術館の建物ですね。事務局がこの中にあったんです。

2005年は「世界物理年」でした。

検索に移動

世界物理年(せかいぶつりねん、: World Year of Physics 2005)は、国際純粋・応用物理学連合(IUPAP)が制定した年。European Physical Society (ヨーロッパ物理学会)の提案を受けて、アルベルト・アインシュタインによる一連の大いなる科学的発展の年、1905年の100年後にあたる2005年を世界物理年として宣言している。

https://ja.wikipedia.org/wiki/世界物理年

「自分は物理学科出身だし、物理の漫画を描いて、恩返しをしよう。」

そこで初めて出会ったのが、並木雅俊先生でした。

私はもともと文系女子で、間違って物理学科に進んでしまったようなものだったし、落ちこぼれたからこそ漫画家などというわけのわからない職業に就いてしまったので、自らと物理の間には、一体感というものはなかったわけですが、この時、並木先生が

「えぇ?物理出身の漫画家!? そうですかぁ、我々の仲間ですね!」

と第一声で仰ってくださったのです。今思うと、並木先生のお人柄に加えて、物理学徒独特のハートの温かさで、まさに物理分野の人特有の素晴らしいところだったのだと思うのですが、当時の私は、これを言ってもらったとき、本当に驚きました。

この一言のおかげで、その後、ますます理系の話、物理の話を漫画にしていこうという気持ちになりました。

並木先生、ありがとうございまーす!その後ずっと物理の漫画を描いています。


World Year of PHYSICS 2005

いま検索してみたところ、日本物理学会のウェブサイトに当時の記録がありました。
World Year of PHYSICS 2005
https://www.jps.or.jp/wyp/index.php

こんな絵を描かせてもらって、いろいろ使っていただいていました。

物理チャレンジ2005

この世界物理年2005年の夏に、高校生を対象とした全国物理コンテスト「物理チャレンジ2005」 が初めて実施されました。開催地は、日本に現代物理学の父・仁科芳雄先生のゆかりの地、岡山でした。

この年から、世界大会である国際物理オリンピック International Physics Olympiad (IPhO) への参加をするということで、その代表を選考する国内大会…という位置づけでした。

その募集ポスターを描かせてもらったのが、これです。

2005年の、はやのん作ポスター!ひええ~!

ドッヒャ~!とひっくり返りたくなるような絵ですが、当時一生懸命描きました。しかしこの絵は、たしか世界物理年、全世界でのポスターコンテストか何かで、受賞したんですよね~。日本っぽいおもしろみがあると思ってもらえたのかもしれません。

当時は若くて何もわからなかったのですが、物理チャレンジの立ち上げと国際物理オリンピック International Physics Olympiad (IPhO) への参加は、日本物理学会の大人の先生方が、何年もかけて準備をして取り組んでくださっていたものだったようです。私は当時はまだ若く物知らずだったので、最初からすごいものがそこにある、みたいな感じでいました。

物理チャレンジ2005
http://www.jpho.jp/2005schedule.html


物理チャレンジのポスターはその後も数年にわたって担当させていただいていたのですが、その後子供ができたりしたこともあり、関与度がどんどん減ってしまって、手伝いから外されてしまいました。力不足で申し訳なかったです。今は、若い人のために働く側です。何でもお手伝いをしたいのですが…?

物理チャレンジは現在も続いています!2022年には日本で国際物理オリンピックの開催もあります。応援していきたいですね。

全国物理コンテスト 物理チャレンジ!
http://www.jpho.jp/

国際物理オリンピック2022 日本大会
https://ipho2022.jp/


後で何か追記するかもしれませんが、今回はここまでにします。次回は、ついに「理系漫画家」と名付けられる、2007年、応用物理学会75周年イベントの話です。


(次の記事)
理系漫画家になるには(8)-2007年「応用物理」75周年イベント

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。