[書籍紹介]『正しく書いて読むための 英文法用語事典』

理論言語学研究者ハタケヤマ先生を描きました。

2013年-2015年の約2年間、理系漫画家はやのんは、千葉大学大学院教育学研究科にて英語教育学を学ぶ修士課程学生をやっていました。その頃、いろいろないきさつがあり、「理系向けの英語教育について、考えたい」と思って、受験をして、大学院進学、そして学生になっていたわけです。いや他人の心配じゃなくて自分の英語心配しなさい、と、今の私だったらツッコミを入れますが……。しかし、当時のそんな興味や思い込みによる突っ走りのおかげで、英語教育分野のことを知る機会が得られたので、良かったな、と思っているわけです。

英語教育分野のおもしろさについてはたくさん語りたいことがありますが、その時期に知り合うことができて、一番おもしろいと思って、現在でもお付き合いいただいているのが、「理論言語学者、ハタケヤマ先生」です。東京農工大学の先生で、理工系の大学で、理論言語学を専門にしていて、学生向けの教育もされている…ということで、理系漫画家であるはやのんにとっては、文系っぽい英語教育分野の中でも、何か近い側の人!?という印象を持っていました。「理論言語学」という分野があると知ったのも、かなり、驚きました。文法について、構造的な解析などをして、ミチミチ、ネチネチやる感じの研究です。英語=文系の学問、と思っていたわけですが、情報、工学的な研究のやりかたもあるのか…!と、大変な驚きを感じました。いや、詳しい研究の話は、全部知っているわけじゃないんですけど…。今度改めて聴いてみたいと思います。

ハタケヤマ先生は単著、共著、訳書、編著書…とたくさんの著書がある売れっ子作家なのですが、昨年9月に、『正しく書いて読むための英文法用語事典』が朝倉書店から出版されました。

この本の内容が短いツイートで紹介されていて、この本読んでみたいな~!と思っていました。いい感じのが、たくさんあったんですけど選びきれなかったです。まとめにいっぱい載ってるので見てください。:
https://twitter.com/i/events/1163352743223758848

これを見て、おもしろそう~買います~と言っていたら、先生と朝倉書店さんからお送りいただいてしまいました。それで、今回「御礼まんが絵」とこの紹介ブログを書いているところです。

読みたくなった人はぜひ一冊…!
Amazonで購入

ハタケヤマ先生元ネタ・はやのんまんがで、本つくりたーい。夢膨らむ…。

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。