[著者コメント漫画]理系漫画家になるには(3)-文系女子高生、物理学科を受験!?

理系漫画家の過去漫画シリーズ、その3です。今回は沖縄の石垣島で育ったはやのんが高校生になって物理に出会い、そして大学は物理学科を受験するという話です。物理学科だったんですね!さすが、理系漫画家!しかし、高校3年生までの私は……!?!?衝撃の事実、どうぞ!

(ここまでの記事)
理系漫画家になるには(1)-はじめまして!理系の漫画家です!
理系漫画家になるには(2)-石垣島でファミコンに出会い、高校で物理に出会うまで

このシリーズは2011年に描いた自己紹介漫画『理系漫画家になるには』をキリヌキで数話に分割して、ブログで無料公開するものです。このタイトルの通り、理系の漫画家になりたい人がいたら、何かの参考にしていただければと思います。


追記:どうもこのタイトルから「今デビューした瞬間の理系の漫画家」と思われたようで!?びっくりしました。1991年に商業誌デビュー、2002年に科学誌デビュー、2007年から「理系漫画家」と名乗り、理工系に特化した漫画を長年描いている者です…!
理系漫画家はやのんプロフィールのページ
Twitterにも略歴あります!


理系漫画家はやのん…実は高3の秋まで文系女子高生だったんです。

いわゆる理転というやつなんですが。高校3年生の秋まで文系の大学を受験する気でいました。しかしなぜ物理学科なんかに志望変更!?(←すっごく失礼)

中庭にハブがいる大学だった。

なんと、当時好きだった男の子が、数学科に行くというのです。「数学科は無理だけど物理学科くらいなら」と、地元沖縄の国立大学の、理学部物理学科を受験することにしました。いや~、すっごく、失礼ですね。物理の人、ごめんなさい。伏して謝ります。あっでも私は本当に物理が好きだったんです。前回の記事を見てくださいね。

ところが!?
相手は落ちてしまいました。
・・・・・・!?!?
なんで!?
25 年以上経った今でも意味がわかりません。
文系女子が高3秋からで受験して受かるようなとこに落ちるって何なの???

そもそもの目的を失い、大学の物理学科に通う意味をまったくもって見失ってしまいました。大学は欠席がちで、先生や同級生に大変な迷惑をかけました。伏して謝ります。この時の先生に、若かりし頃の「いろもの物理学者」前野昌弘先生 (Twitter: @irobutsu) がいました。他にも、素晴らしい先生方がいらっしゃって、何十年経った今でも感謝の気持ちを忘れていません。しかし、大学生当時のはやのんは、とにかく、いろいろダメでした。

でも大学時代に物理の出来がよくて、研究の道になんてことになったら、漫画家にはなっていなかったかもしれないです。

そして何をしていたかというと、那覇、国際通りのゲームセンターに通い詰めていました。当時流行していた『バーチャファイター』を、筐体と基板が買えるくらいの金額までプレイしていました。これはまあ、後にゲーム業界人になったので、何か許せるような気はします。

そしてもうひとつ、その当時は、音楽の方に熱心に取り組んでいました。曲を作って歌い、90年代の沖縄、那覇市のスタジオに通っていました。ミュージシャンになりたかったのです。

大学時代は、ファミ通のゲーム帝国に文字ネタを投稿したのを最後に、ゲーム雑誌の投稿もやめてしまっていたし、絵はまったく描いていませんでした。

やせてた…

結局、音楽のほうはうまく道が開きませんでした。向いていなかったんだと思います。この辺の音楽話はそれはそれで面白いので、またいつか語りたいと思います。私は昭和50年(1975年)生まれの氷河期の厳しい年代で、大学卒業時は就職も厳しい時代でした。そもそもあまり就職する気はなかったんですが…。なにかクリエイティブな仕事がしたかったので、大学卒業を機に、沖縄を離れ東京へ行くことにしました。

最初は千葉に住んだわけですが、最初の1年は経済的に大変苦労しました。駅前のDPE屋さんでバイトをしていました。(今の人、DPEって、知ってます?)本当は音楽をやりたかったのに、できなかったから、「しょうがなく」絵を仕事にすることにしました。(これもまたなかなか失礼ですね。昔の自分は、こうだったなと思いました。)

約1年後ありがたいことに漫画家の鈴木みそ先生(Twitter: @MisoSuzuki)と出会い、アシスタントにしてもらうことができたので、翌年からは東京に住むことになりました。大学を卒業して2年後まではバイトをしながら漫画アシスタントをして、雑誌のイラストをちょっと描かせてもらったり…という生活をしていました。かなり、苦しかったですが、がんばっていましたよ。その辺りのことは、イラストレーターや漫画家志望、駆け出しの人の励ましになると思うので、また詳しく書こうと思います。

次回「出版社に持ち込みツアー!」ちなみに結果から言うと10か所回って5か所から連載や仕事がもらえるようになりました(やったね)。

(次の記事)
理系漫画家になるには(4)-10社中5社から仕事が来た出版社持ち込みツアー

「[著者コメント漫画]理系漫画家になるには(3)-文系女子高生、物理学科を受験!?」への3件のフィードバック

  1. 大学の数学科に進学しなかった青年に感謝かもしれない(^^)
    いろんな偶然で生業は与えられるつーか選び取られるのだなぁ
    オレもバーのとまりぎの隣にイトーさんという山形の方が座っていなかったら、ゲム屋にはならなかっただろうから

  2. 私は漫画家の夢破れて理学部物理学科大学院、某大企業の開発部に就職した。
    そっか、両方やっとけばよかったのか・・・

    1. まるたさんコメントありがとうございます。はい!今からでも!大企業で開発のお仕事+漫画!

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。