振り返り2019年11月-iCeMSキャラバン漫画冊子

京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS:アイセムス)の研究者が全国の高校を訪れる「出前授業」プログラム「iCeMSキャラバン」の漫画冊子を制作しました。2020年にインターネットでも公開する予定です。16ページで、このプロジェクトを紹介するという内容の漫画冊子で、これが、はやのんの、2019年で一番大きな仕事でした。

iCeMSキャラバンは京都大学 物質-細胞統合システム拠点(iCeMS:アイセムス)の研究者が全国の高校を訪れる「出前授業」プログラムです。
1日のアクティビティ、授業を通して、化学、生物学、物理学などの分野を超えた学際研究に取り組むiCeMSの研究者が、どのように、それぞれの専門分野の視点からものごとを見て・考えて・研究に取り組むのか?を知ることができます。

理系漫画家はやのんも、このiCeMSキャラバンに加えてもらいました!漫画家としてずっと独りの仕事をしてきましたが、「メンバーになってよ!」と言ってもらえて嬉しかったです。研究、教育、自分の興味のあることに積極的に取り組む仲間たちから、元気をもらっています。
https://icemscaravan.com/who-we-are/はやのん/

キャラバンについての詳しい情報は、下記のページをご覧ください。

 iCeMSキャラバン“学びのカラクリ”
https://www.icems.kyoto-u.ac.jp/ja/education/caravan/

iCeMS Caravan
https://furukawa.icems.kyoto-u.ac.jp/education/icems-caravan/

iCeMS Caravan
https://icemscaravan.com/

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。