振り返り2019年6月-プレスリリース図「放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る」

雷発生の瞬間に起こる直前、直後に起こる「ロングバースト」「ショートバースト」と呼ばれる現象があることが研究によって明らかになり、その様子を図で説明したものです。

東京大学大学院理学系研究科 和田有希 大学院生 / 理化学研究所 研修生、京都大学白眉センター 榎戸輝揚 特定准教授(発表当時)らの共同研究グループによる論文発表にあたり、プレスリリースのための図をはやのん理系漫画制作室が提供しました。

東京大学大学院 理学系研究科が発表したプレスリリース
金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2019/6437/

京都大学が発表したプレスリリース
「金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る 」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190626_1.html

名古屋大学が発表したプレスリリース
http://www.kmi.nagoya-u.ac.jp/eng/blog/2019/06/26/research-gamma-ray-glow-preceding-downward-terrestrial-gamma-ray-flash/

北海道大学が発表したプレスリリース
https://www2.sci.hokudai.ac.jp/faculty/en/research-news/5943

雑誌名:Communications Physics
論文タイトル:
“Gamma-ray Glow preceding Downward Terrestrial Gamma-ray Flash”
著者:
Yuuki Wada*, Teruaki Enoto, Yoshitaka Nakamura, Yoshihiro Furuta, Takayuki Yuasa, Kazuhiro Nakazawa, Takeshi Morimoto, Mitsuteru Sato, Takahiro Matsumoto, Daisuke Yonetoku, Tatsuya Sawano, Hideo Sakai, Masashi Kamogawa, Tomoo Ushio, Kazuo Makishima, Harufumi Tsuchiya

コメントを残す

メールアドレスは公開されません。