振り返り2019年6月-プレスリリース図「放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る」

雷発生の瞬間に起こる直前、直後に起こる「ロングバースト」「ショートバースト」と呼ばれる現象があることが研究によって明らかになり、その様子を図で説明したものです。

東京大学大学院理学系研究科 和田有希 大学院生 / 理化学研究所 研修生、京都大学白眉センター 榎戸輝揚 特定准教授(発表当時)らの共同研究グループによる論文発表にあたり、プレスリリースのための図をはやのん理系漫画制作室が提供しました。

東京大学大学院 理学系研究科が発表したプレスリリース
金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る
https://www.s.u-tokyo.ac.jp/ja/press/2019/6437/

京都大学が発表したプレスリリース
「金沢市の高校で捉えた放射線バーストで雷発生の瞬間に迫る 」
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/research/research_results/2019/190626_1.html

名古屋大学が発表したプレスリリース
http://www.kmi.nagoya-u.ac.jp/eng/blog/2019/06/26/research-gamma-ray-glow-preceding-downward-terrestrial-gamma-ray-flash/

北海道大学が発表したプレスリリース
https://www2.sci.hokudai.ac.jp/faculty/en/research-news/5943

雑誌名:Communications Physics
論文タイトル:
“Gamma-ray Glow preceding Downward Terrestrial Gamma-ray Flash”
著者:
Yuuki Wada*, Teruaki Enoto, Yoshitaka Nakamura, Yoshihiro Furuta, Takayuki Yuasa, Kazuhiro Nakazawa, Takeshi Morimoto, Mitsuteru Sato, Takahiro Matsumoto, Daisuke Yonetoku, Tatsuya Sawano, Hideo Sakai, Masashi Kamogawa, Tomoo Ushio, Kazuo Makishima, Harufumi Tsuchiya