石垣島★海岸清掃日記2019年8月22日(木)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

今日はラジオ体操の直後にビーチに到着しました。
ヨシ!まだ暑くなく、これならやれそう。
美しい太陽です。

最近は、朝、干潮なんですよ。
ず~っと前に海に来たとき、こんな感じで、砂浜がなくなってる!と思ってしまっていました。なるほど干潮だったせいなんですね。海をわかっていないと自分の都合でビーチに行ってしまいがちですけど、潮の満ち引き時間を見てから行くべきだったんですね…。

この時間帯=太陽高度が低いうちは、ガラス片を探すチャンスです。この角度から見てキラッと光るところにガラス片があったりします。しかし、まったく光りもしないものも多く…。ひたすら目で見て探すしかないわけですが、見つけられるのすごいなあ、人間の目すごい、と毎朝思っています。

ラベルはないですけどいわゆるうがい薬(ポビドンヨード)的な…液体が入っているわけですが、持ち帰りたくないので、後日回収、ということで、陸側の安全そうなところに移動させました。医療用廃棄物の類は、ビーチで二番目くらいに嫌な漂着物じゃないかと思います。

ヤドカリの足跡
美しい模様です。

さて今日の収穫物です。
最近見かけていなかったペットボトルが今日は多かったです。
イカの骨が1個。
中国語っぽい食品の袋。
履物、ボール、ヒモ、そしてカラスの羽が2本!
その他はプラスチックごみ多数でした。

タイ語のボトル!珍しい!!
地図を見てみたのですが、そんな距離を流れてきたのでしょうか!?
すごい!!

今日もガラス片がたくさん取れました。
カニの甲羅!そしてイカの骨。
ホネホネ貝の尖った部分、すごく長いです。
ボタンみたいなものは、サンゴ…?

夏休みが終わりに近づいてきました。
そろそろ海ゴミの情報をまとめないといけません。
ではまた明日!