石垣島★海岸清掃日記2019年8月20日(火)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

早朝に強い雨が降った後、雨が上がり、シンと静まり返ったビーチから海を撮影しました。黒い雲と暗い海のコントラストが美しいです。

一昨日のフロートがありました!昨日はなかったのにどうして?
近寄ったら岩の隙間に他の発泡スチロールなどもたくさん挟まっていました。ペットボトルも挟まっています。これ、今度来て取り外し作業をしないと…。フロートは今日は回収することにしました。

やけに透明度が高く美しい海です。

空が真っ暗に…!

今日の海の透明度は今までで一番です。
空が暗いから反射がないのかもしれないですね。

さてビーチクリーンの収穫物です。
大きなフロートがやはり目立ちますね。妙に重いなと思ったらひび割れの隙間から海水が入っていたようです。穴をあけて水を抜かないといけません。
ヒトデは本物か!?と思ったらプラスチックのおもちゃでした。今日はライター2個、砂浜用のおもちゃ、イカ釣り用の餌木が出てきました。餌木を拾ったのは初めてです。
あとはいつも通り細かいプラスチック片がたくさんありました。

ヒトデくん目立ちますね。
今日は割れていない2枚貝を3個も見つけることができました。きれいな巻貝も。
ガラス片は4つ。今日は初めて、金属片も拾いました。これも危ないですね。
写真右下、ピンク色のものは天然の貝、白いほうはプラスチック片です。似ていますね。あとは尖った貝もいくつか拾いました。

砂浜でゴミを撮影した数秒後に、1枚目の写真に写っていた雨雲の雨がこちらに到達して、とんでもない豪雨になりました。濡れるだろうと思って今日は水着でビーチクリーンをしていましたよ。これまで大雨の海に行ったことがなかったのですが、写真や映像ではわからない独特の雰囲気があるなと感じました。実体験はいいものですね。

ではまた明日!