石垣島★海岸清掃日記2019年8月19日(月)

BC-ROBOPメンバーの「はやのん理系漫画制作室」による「夏休み・沖縄県の石垣島・某ビーチのゴミレポート日記」です。毎日決まった場所、決まった時間に海岸清掃をしてみようという取り組みです。

夏休みが終わりに近づき、少し観光客の勢いが減ったように感じます。ビーチクリーンの小学生メンバーが「波の音しか聞こえないね」とつぶやきました。

数日前に見つけたヤシの実にヤドカリがまだむらがっていました。
汁や果肉など、美味しい中身に到達できているのでしょうか…?????

丸裸のヤドカリが新しい殻に入っていくところを撮影できました。複雑に丸まったお尻が殻の中にスッと入っていくのがとても不思議です。

今日のゴミはあまり特徴を感じなかったのですがプラスチック片が多かったです。これまで海岸清掃をしてきて、同じ場所に同じようなものが集まっていることが多いな?と感じました。同じようなものが、同じ力によって運ばれるということでしょうか?

今日も立派なサンゴのかけらが落ちていました。イカの骨が出てきたのは2度目です。完全体を見つけたいのですが…。ガラス片と、尖った貝を拾いました。また、きれいな青紫の貝を見つけました。珍しかったのは「カニのおなか」と「誰かの牙」です。一体どういう動物だったのか気になります。砂の上に時々細い針のようなものが落ちていて、最初はプラスチックなのかと思っていましたが、ホネホネの貝の尖った部分かもしれません。そして今日は「お弁当のバラン」を2枚拾いました。これ、もうそろそろ要らなくないですか?お弁当を買うとき、バランがないなら買わないっていうものではないと思います。プラスチック製品は衛生面などで非常に高機能ですが、なくてもいいところはなくしていってほしいと思います。バラン屋さんは大変だと思いますが、食べられるバランを開発して乗り越えたりはできないものでしょうか。
あっ。また、砂の上で1円玉を拾いました。大きさ比較用で置くといい感じです。

今日はYoutubeチャンネルに動画を2本投稿していました。まだ編集ソフトやYoutube自体に慣れておらず苦戦していますが、多くのみなさんに、ビーチクリーンのことを知ってもらいたいと思い、一歩一歩がんばっていきたいと思っています。Youtubeチャンネルは登録者数が多いと、できることが増えるそうなので、アカウントを持っている方はぜひチャンネル登録をお願いします!
一般社団法人BC-ROBOP海岸工学会のYoutubeチャンネル